当キャンプブログは2024年2月27日よりソトシル公式メディアとなりました。ソトシル公式メディア『ハイらぼ』

初心者におすすめ!リピーターも多い『城の湯キャンプ場と温泉』

  • URLをコピーしました!

こんにちは『ハイらぼ』管理人のたき火ちゃんです。

過ごしやすい日々が多く、キャンプ、観光、温泉へお出かけするのに適した季節になりましたね。

でも、夏日があったり雨の日が続いたり、朝晩冷え込んだり、寒暖差激しいですが、みなさんはどうお過ごしですか?

私たちは隠れ家へ行く回数が増え、温泉、隠れ家(庭)キャンプと私たちスタイルで過ごしています。

今回は以前から気になっていた栃木県矢板市にある「城の湯キャンプ場」と「矢板温泉城の湯やすらぎの里」のご紹介をさせて頂きます。

最後まで読んで頂けたらとても嬉しいです。

目次

城の湯キャンプ場

筆者撮影

矢板市にある城の湯キャンプ場は温泉とRVパークもある充実したキャンプ場です。

田園広がる道を抜けると、丘、川、山と自然いっぱいに囲まれ、自然を身近に感じることができます。

夜は町並みの明かりが程よく感じ、ホッと安心感が…。

キャンプ場は、コンパクトで、全面平坦な芝生、サイトは1区画(10m×10m)でソロからファミリーまで幅広く気軽に利用できるキャンプ場です。

隣接された温泉、露天風呂で楽しむことができます。

特に初心者のソロキャン、ファミキャン、女子キャンの方におすすめですね。

初心者におすすめな理由

ソロキャン

綺麗に整備されていて、全面芝生でフラットなため、ペグが打ちやすく、テントが張りやすいサイト。

温泉施設が隣接されているので、初キャンの疲れもすぐに温泉でほぐせて、汗を流し温まることができます。

ファミリーキャンプの方

コスパがよく、サイトスペースが広く、自由性が高いです。

レンタルサイクルで、自然豊かな散策コースを家族で体験、楽しめます。

女子キャンパーの方

幹線道路も近く、程よく町の明かりが見え、安心、安全性が高い気がします。(山奥よりは)

温泉施設があるため、美容も怠ることなく楽しめます。

もちろん、カップル、夫婦の方、ベテランキャンパーさんも、さまざまな観点から、利用しやすいキャンプ場です。

焚き火やBBQで匂いついても温泉があるから、キレイ、キレイできるよ!

たき火ちゃん最近、ぬけさくだから、忘れ物多いの!笑
つい何かしら忘れ物あるよねー。
こちらのキャンプ場は、売店、近くにはお店が点在してるから、うっかりさんも安心よ!

施設の情報

キャンプ場・RVパーク宿泊料金

キャンプ場3,000円/区画
RVパーク3,000円/区画
出典:城の湯キャンプ場

ご予約は専用サイトから事前予約が必要です。

アーリーチェックインはできません。

チェックインは12:30~19:00、チェックアウトは11:00までです。

AC電源や車両の乗り入れ、ペットの同伴もできません。

キャンプ場利用者は屋内炊事場、屋内トイレが24時間利用可能です

温泉施設利用は、一般大人500円、小学生400円ですが、キャンプ場利用者は、200円の割引券がもらえるので、大人1人300円、小学生1人200円、小学生未満無料で利用できます

ファミキャンで家族が多い人は助かるね!

ごみは受付の際、半透明の袋を1枚渡されます。(燃えるごみ用)、缶、ペットボトルは所定の場所に捨てられます。他のごみはお持ち帰り下さい。(1枚の袋以上にごみが出る場合に備えてごみ袋持参するといいですね)

使用済の炭、BBQ広場に炭捨て缶がおいてありますので、所定の場所に必ず捨てて下さいね。

これ大事なこと!火事になったら大変!

炭捨て場がないキャンプ場もあるので、火消し壺は準備しておくといいと思います。

レンタル用品もありますが、事前予約、貸し出し中止になっている物もあります。(詳細はご確認下さい)

炭、着火剤、使い捨て容器類は温泉センター内で販売してます。(事前にご確認下さい)

キャンプ場

※筆者撮影

こちらがキャンプ場の受付になってます。

温泉利用受付と同じ場所です。

※筆者撮影

車の乗り入れはできませんが、駐車場に近い場所を取る事ができれば、荷物運びも苦痛ではありませんね。

離れていても、平坦なのでキャリー使用すれば、楽チンだよ!

※筆者撮影

炊事場、トイレは「城の湯ふれあい館」にあります。

※筆者撮影

炊事場は家庭科室みたいな…!(笑)

室内なので雨や風の強い日も安心ですね。

温水が出ないです。

炊事場には洗剤とスポンジがあるよ!でも、スポンジやタワシは持参がおすすめよ。

※筆者撮影

こちらは公衆トイレになります。

暖房便座で綺麗でした。

利用される人数で汚れは変わると思いますが…。

暖房便座ありがたいー!!
真夏ならならいいけど、寒い時「つめたーい」は避けたいもんね!

これからの時期、いろいろな虫さん達が発生するから、虫対策は必須だよ!

RVパーク

RVパークは車中泊専用のプランで電源ありかなしが選べます。

電源ありの車中泊プランは電気自動車の充電も可能。

RVパーク事前予約が必要です。

夜と早朝のトイレ事情!公衆トイレまでちょっと歩く感じです。
RVパークの位置にもあるといいのにね!

出典:城の湯やすらぎの里

その他、レンタルサイクルやBBQ広場などありますので、用途に合わせて活用してみて下さい。

自然に囲まれたキャンプ場で、今までにない自分を発見し、喜べる自分がいたら最高ですね。

ぜひ、「城の湯キャンプ場」を利用し楽しんで下さい。

詳細はHPにてご確認下さい。

矢板温泉 城の湯やすらぎの里

筆者撮影

「城の湯やすらぎの里」は、キャンプ場と、概ね同じ位置にあり、山と田園に囲まれた日帰り温泉施設です。

源泉から豊富に湧き出す良質な湯。

泉質は弱アルカリ性低張性高温泉で関節痛、神経痛、疲労回復に効果があるとされています。

大浴場と露天風呂があり、露天風呂は週替わりで男女の浴場が入れ替わり、2種類のお風呂が楽しめます。

露天風呂では季節ごとに「しょうぶ湯」「りんご湯」「ゆず湯」と変わり湯もあり、楽しむことができます。

他にも休憩スペースやお食事処、物販コーナーもあります。

施設の情報館内について

温泉センター入浴料

一般500円/回(回数券12回分:5,000円)
65歳以上及び小学生400円/回(回数券12回分:4,000円)
小学生未満無料
その他コインロッカー無料(使用後返却)
出典:城の湯やすらぎの里

温泉施設に併設の宿泊施設もあり、個人旅、スポーツ合宿やビジネス利用ができ目的に応じた滞在が可能です。

事前予約必要です。

※筆者撮影

正面入って、左手に券売機、右手に靴ロッカーがあります。

受付の方は親切に対応してくれます。

※筆者撮影

物販コーナーと左奥にはお食事処があります。

右手奥に大浴場と休憩所、喫煙室、ゲームコーナなどがあります。

※筆者撮影

お食事処、豊富な定食類があります。

日帰り入浴のみで利用した時、食べてみよう!

お食事処:平日11:00~14:00(ラストオーダー13:30)土日祝日11:00~20:00(ラストオーダー19:30)

※筆者撮影

奥が喫煙室、マッサージ機。

ちょっとしたクレーンゲームがあったよ。

※筆者撮影

左奥、休憩室、結構な広さでゆっくりくつろげます。

コインロッカー、漫画本などもあります。

ここにコインロッカーあるから、うたた寝も安心してできるね。

※筆者撮影

温泉の入り口です。

男女隣同士なのでわかりやすいです。

『ゆ』の暖簾っていいですね、いつ見てもほっこりするぅ!!

※筆者撮影

脱衣所です。

コインロッカー(100円入れて戻ってくるタイプ)

右手奥にもコインロッカーありますので、結構な人数分があります。

大浴場内と露天風呂画像はありません。入ってのお楽しみです。(笑)

温泉の感想

施設内は広くフロント、売店、食事処、休憩所、浴場があり、綺麗です。

脱衣所も広く、人との間隔をおいて着脱ができます。

洗い場も区切られており、ゆったり洗うことができます。

大浴場はほんと広くてびっくり、露天風呂は岩づくりで滝のように湯が流れてて雰囲気良かったです。

露天風呂、こじんまりした感じにみえましたが、私の他に5人入ってたけど、窮屈感なくゆったり浸かることができました。

お湯は、無色透明サッパリした感じで、湯加減は丁度よく40~41度くらいですね。

効能に関節痛、疲労回復に良いとされていたので、長距離移動の疲労も緩和され良かったです。

※洗剤ですが、ボディーソープ、リンスインシャンプーのみなので、アメニティー、タオル類は持参した方がいいですね。

ドライヤーは備え付けありました。

肌寒い日だったので、自然に囲まれた温泉で空を眺めながらゆったりくつろぎ、芯から温まることができ、久しぶりに癒されました。

詳細はHPでご確認下さい。

まとめ

温泉がすぐにあるキャンプ場は魅力的ですね。

たき火ちゃんは温泉が大好きなので、とても惹かれます。

キャンプをメインに映えた写真撮りたい、景色も大事と言われると…残念な部分はありますが。

自分スタイルのキャンプで写真や動画を撮ったり、リラックス効果、さまざまな体験が得られると思いますので、おすすめです。

近くには、道の駅やスーパー、ホームセンターなどありますので、キャンプ時は食材の買い出しも便利です。

キャンプ場を利用しての入浴、ぶらっと立寄る入浴、四季折々に週替わりの露天風呂を楽しむのもいいですね。

ぜひ、矢板市『城の湯キャンプ場』『城の湯やすらぎの里』でぬくもり溢れるキャンプ、温泉をご体験下さい。

キャンプ料理、簡単なのでおすすめです。

山やでこぼこ道、砂浜にはタイヤが埋まることなく使用できるので便利です。

近くに行った際はぜひお立ち寄り下さい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

▼出身:仙台 ▼拠点:東京⇔那須【2018年9月~デュアルライフ】
▼職 業:ハイらぼ管理人・主婦 
▼相方:てんと君【キャンプ歴約35年】会社員・お小遣いキャンパー
▼キャンプブログ「ハイらぼ」について
 ●月間 PV数:約12万PV(開設後約6か月目の実績)
 ●2023年 9月:「ハイらぼ」開設・記事初投稿
      10月:Xアカウント開設
 ●2024年 2月:ソトシル公式メディア提携
     3月:Xフォロワー2,000人突破

詳しいプロフィールはこちらのリンクでご覧ください。

コメント

コメントする

目次