当キャンプブログは2024年2月27日よりソトシル公式メディアとなりました。ソトシル公式メディア『ハイらぼ』

ソロストーブは最強!PANDAHOMEの2次燃焼ストーブはコスパ最強!

  • URLをコピーしました!

※アイキャッチ画像出典:Amazon

こんばんは『ハイらぼ』管理人のたき火ちゃんです。

キャンプやバーベキューは、「仲間とのコミュニケーション」や「自然」を楽しむには、最高です。

しかし、その楽しみをさらに高めるためには、快適な火の管理が欠かせません。

火を使うときには、安全性や環境への配慮はもちろん、燃料の調達や持ち運び、燃焼時間や発熱量など、さまざまな要素を考える必要があります。

そこでおすすめなのが、枯れ木や落ち葉などの自然燃料やペレットで火を起こせる「ウッドストーブ」です。

ウッドストーブは、ガスやアルコールなどの燃料を必要とせず、2次燃焼によって煙を減らし、効率的に燃焼させることができます。

また、グリルとしても使用でき、コーヒーや簡単な料理なども作れる多機能さが魅力です。

2次燃焼のウッドストーブで有名なブランドと言えば、大人気の「ソロストーブ」ですが、今回は、ウッドストーブの中でもコスパが高く最近人気の出てきているPANDAHOMEというブランドのElf(エルフ)とMini(ミニ)をご紹介します。

それぞれの特徴やメリット、デメリットを詳しく解説し、皆さんが気になるであろう「ソロストーブ メサ」とのスペック上の比較もしますので、ウッドストーブの購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

PANDAHOMEの2次燃焼ストーブで調理中
出典:Amazon
目次

この記事はこんな人におすすめ

PANDAHOMEのエルフとミニはこんな人におすすめ!

  • 2次燃焼ストーブ初心者
  • 拾った自然燃料(松ぼっくりや枯れ枝)で気軽に焚火を楽しみたい人
  • 焚火の煙を少なくしたい人(煙の臭いを少なくしたい人)
  • 焚火で炎を眺めるのが好きな人
  • コスパの高いウッドストーブを探している人
  • チョットしたカスタムをするのが平気な人
  • ソロストーブが欲しいけど買えない人(てんと君と同じです)

PANDAHOMEって?

PANDAHOMEのロゴ

※画像⇒出典:Amazon

PANDAHOMEについて調べましたが、WEBで公表されていなかったのでAmazon内で得られた情報のみを解説します。

PANDAHOMEはウッドストーブの他はテラス用の人工芝タイプや樹脂タイプのジョイントパネルを取り扱っています。

製造元ではない可能性が高いですが、中国四川省成都市の「成都麒龍貿易有限公司」という中国の貿易会社が、Amazonで販売しているブランドです。

2次燃焼ストーブとは?

2次燃焼ストーブとは、薪などの燃料を燃やした際に発生する煙(可燃ガス)に再度高温の空気を送り込み、さらに燃焼させるストーブです。

この2次燃焼により、煙やにおいが少なくなり、燃焼効率が向上します。

また、灰が少なくなり、火の粉が飛びにくいというメリットもあります。

デメリットとしては、効率よく燃えるので、燃料の消費が若干早いという事です。

外側下部の穴
外側下部の穴(出典:Amazon
内側上部の穴
内側上部の穴(出典:Amazon

具体的には、ストーブの側面内部に空気の通る空間が設けられており、外側下部の穴から取り込んだ空気が1次燃焼の炎によって温められて上昇し、内側上部の穴より吹き出し、燃え残った可燃ガスに吹き付けられて2次燃焼を行います。

この仕組みにより、薪を余すことなく燃やせるため、燃料の使用効率が良くなります。

PANDAHOMEの2次燃焼ストーブの美しい炎
出典:Amazon

2次燃焼ストーブは、キャンプやアウトドアにおいて、効率的な暖房や調理に利用されることが多いストーブです。

たき火ちゃん

2次燃焼した炎って綺麗に出るから、思わず見とれちゃうわー

ElfとMiniの基本スペック

まずは、ElfとMiniの基本スペックを見てみましょう。以下の表にまとめました。

項 目Elf(エルフ)Mini(ミニ)
カラー
シルバー・ブラック・ブルー
サイズ直径14cm×高さ20cm直径22cm×高さ25cm
重 量1kg1.3kg
燃料容量最大12cmの薪または200gのペレット最大17.8cmの薪または1,000gのペレット
燃焼時間約30分約45~60分
素 材ステンレス鋼
付属品本体一式、五徳、、ナイロン製収納袋本体一式、五徳、ナイロン製収納袋
最適使用
人数目安
1~2人2~4人
価 格3,390~3,600円3,990~5,590円
ハイらぼ作成
PANDAHOMEの2次燃焼ストーブの付属の網

※画像⇒出典:Amazon

表からわかるように、ElfとMiniの最大の違いはサイズと重量です。

MiniはElfよりも大きくて重いですが、それに伴って燃料容量と燃焼時間も長くなっています。

また、価格もMiniの方が高くなっています。

専用の網はエルフにのみ付属します。

てんと君

お手頃価格が嬉しいね!

PANDAHOMEの2次燃焼ストーブの大型のファイヤービットレンジャー

※画像⇒出典:Amazon

今回はエルフとミニ2種類の紹介ですが、ファイヤービットレンジャーという大きい製品も存在するようで、中国では人気があります。

特徴とメリットと使って感じたデメリット

それぞれの特徴とメリットについて見ていきましょう。

特徴とメリット

PANDAHOMEの2次燃焼ストーブのデザインとカラーバリエーション
デザインとカラーバリエーション

一体型のシンプルなデザイン

シルバー・ブラック・ブルーの3色から選べる。

※画像⇒出典:Amazon

PANDAHOMEの2次燃焼ストーブの高い熱量と各製品の寸法
高い熱量を生み出せる

高さがわずか20〜25cmでありながら、非常に多くの熱を生み出すことができ、十分な暖かさと熱量を提供できます。

※画像⇒出典:Amazon

高品質で耐久性のあるステンレス鋼、軽量化設計
高品質で耐久性のあるステンレス鋼、軽量化設計

エルフ=1kg

ミニ=1.3Kg

耐久性の高いステンレス鋼で作られています。驚くほど軽量な上、超高温の炎にも負けません。

※画像⇒出典:Amazon

薪でもペレットも使用可能
薪でもペレットも使用可能

エルフ=最大12cmの薪または200gのペレット

ミニ=最大17.8cmの薪または1000gのペレット

付属のペレットバーナーアダプターを使用すると、ペレットまたは手持ちの自然燃料(薪や枯れ枝、松ぼっくりなど)でどちらでも超高温で効果的に燃焼します。

特にミニは、頻繁な燃料補給が不要で、最長45~60分にわたる継続した燃焼時間と、途切れることのない雰囲気を楽しむことができます。

※画像⇒出典:Amazon

手軽に使える
手軽に使える

燃料に選り好みせず、木材、枯れた木、落ち葉、燃焼ペレットなど、どれでも点火できます。現地で手に入れやすいので、手軽に使えます。

※画像⇒出典:Amazon

独自の無煙化設計で強力な炎
独自の無煙化設計で強力な炎

独自の360°エアフローと、下から火に酸素を供給するための底部通気孔を備えた二重壁設計を備えており、暖炉で電池やファンを使用せずに火の上に熱風を噴出させ、煙を減らし燃料を無駄なく使用できます。

髪や服に火のあとの匂いがつかないように火を楽しめます。

また、火をつけるのも簡単で、内部に燃料を投入し、ファイヤースターターに点火するだけです。わずか数分で、心地よい炎を楽しむことができます。

※画像⇒出典:Amazon

一体化設計された集灰板と燃焼層(デュアル燃料グリル)
一体化設計された集灰板と燃焼層(デュアル燃料グリル)

取り外し可能な一体型灰皿の各通気孔の直径は6mmで、良好な空気の流れを確保するだけでなく、燃料もこぼれ落ちにくくなっています。

効率よく燃えるので殆ど灰化されます。

専用の取りフックが付いているので灰の取り出しも簡単です。

※画像⇒出典:Amazon

折りたたみ式のスタンド設計
折りたたみ式のスタンド設計

底面のスタンドは折り畳み式なので、使用時に展開して使うことも、使用後に収納することもできます。

スタンドが別になっていないので、組み立ての煩わしさもありません。

※画像⇒出典:Amazon

使って感じたデメリット

それぞれに感じたデメリットは下記です。

Elf・Miniの共通のデメリット

デュアル燃料グリルの固定しているリベットの材質がアルミ

これは、PANDAHOMEウッドストーブの最大の弱点だと思います。

デュアル燃料グリルの接続金具の固定にアルミ製のリベットを使用している為、熱で溶けてバラバラになります。

この弱点を回避する為に、自分でステンレスのボルトナットに変える手間と、ボルトナットを購入するコストが少しプラスされるので、次回の商品アップデート時に見直されることを期待します。

てんと君

私たちは、アルミリベットが熱で溶けだす事が、Amazonのレビューを見て解ってて買ったので、使う前にアルミリベットを外してステンレスのボルトナットに交換して使ったので問題なく使えたよー

たき火ちゃん

価格据え置きでアルミリベットをステンレスに変えれば、もっと人気が出るのにね!もったいないね!

Elfのデメリット

燃焼時間が短い

燃料容量が小さいため、燃焼時間も約30分と短めです。

長時間のキャンプやバーベキューには向いてないと思いました。

燃料を入れる回数がミニより多いので短く感じたのかもしれません。

火力が弱い

小さくて軽い分、火力も弱めです。

コーヒーやお湯などの簡単な調理には問題ありませんが、本格的な料理には不向きだと感じました。

Miniのデメリット

キャンプスタイルを選ぶ大きさ

大きくて重いので、持ち運びには不便です。

車なら問題ありませんが、特に、徒歩や自転車、バイクでの移動には向いていません。

また、収納にも場所を取ります。

燃料の消費が多くなりがち

豊富な燃料容量を持っていますが、それに伴って燃料の消費も多くなります。

使ってて楽しいので、長い時間使っていたこともあり、余計にそう感じたかもしれません。

特に、ペレットを使用する場合、1回の燃焼に最大1000gも必要になります。

ペレットは、薪に比べて高価であり、入手も困難な場合があります。

火の調節には慣れが必要

2重壁構造によって2次燃焼を起こしますが、そのために火力が強く、火の調節が難しくなります。

火力を弱めたい場合、燃料を減らすか、火格子を外すか、トライポッドを使う事になります。

私たちはトライポッドを合わせて使用し、問題なく使えましたが、やはり慣れは必要です。

ソロストーブ メサとの基本スペック比較

ソロストーブの美しい2次燃焼した炎
ソロストーブの美しい2次燃焼した炎(出典:Amazon

読者の皆さんが気になるであろう、ソロストーブ メサとのスペックを比較していきます。

ソロストーブを知らない方のために説明しておきますと、ソロストーブとは、アメリカ・テキサス発のアウトドアギアメーカーです。

特に2次燃焼ストーブでは有名なブランドで、日本のキャンパーさん達には絶大な人気があります。

環境に優しく、効率のよい軽くて丈夫なストーブを手掛けており、世界で高い評価を得ています。

軽量で腐食に強いステンレスを採用し、燃焼効率の高い2重壁構造によって簡単に燃焼させられるのが魅力です。

それでは、PANDAHOMEとソロストーブのウッドストーブの基本スペックを見てみましょう。

近いサイズで比較した表を以下にまとめました。

PANDAHOME エルフとSolo Stove メサが、サイズと機能が一番近い製品です。

項 目PANDAHOME エルフSolo Stove メサ
カラー3色7色
サイズ直径14cm×高さ20cm直径13cm×高さ17.5cm
重 量1kg約560g
燃 料最大12cmの薪または200gのペレット薪または285gのペレット
燃焼時間約30分約30~45分
1分間の
ペレット
消費量
約6.67g = 200g ÷ 30分約9.50g = 285g ÷ 30分
約6.33g = 285g ÷ 45分
素 材ステンレス鋼ステンレス鋼
生産国中国製中国製
価 格3,390円(税込)11,165円(税込)
※シルバー色同士の比較で価格は2024年3月17日現在のAmazonです。(ハイらぼ作成)

PANDAHOME ミニとSolo Stove メサXLが、サイズと機能が一番近い製品です。

項 目PANDAHOME ミニSolo Stove メサXL
カラー3色7色
サイズ直径22cm×高さ25cm直径約22 cm x 高さ約18 cm
重 量1,300g約1,043g
燃 料最大17.8cmの薪または1,000gのペレット薪または1,000gのペレット
1分間の
ペレット
消費量
約22.22g = 1,000g ÷ 45分
約16.67g = 1,000g ÷ 60分
約22.22g = 1,000g ÷ 45分
約16.67g = 1,000g ÷ 60分
燃焼時間約45~60分約45–60分
素 材ステンレス鋼ステンレス鋼
生産国中国製中国製
価 格3,990円(税込)26,942円(税込)
※シルバー色同士の比較で価格は2024年3月17日現在のAmazonです。(ハイらぼ作成)

表からわかるように、PANDAHOMEとソロストーブのウッドストーブは、サイズや重量、燃料容量、燃焼時間などに違いがあります。

また、価格もPANDAHOMEの方が安く、ソロストーブの方が高くなっています。

価格差はエルフ対メサで約3~4倍、ミニ対メサKLだと約6~7倍といったところでしょうか。

外観での大きな違いは、2次燃焼穴の面積です。

スペックの比較表から見るとミニ対メサXLだと燃焼時間やペレット消費量には差が無く、エルフ対メサだと若干違いが出てくるようです。

穴の面積は見た目だとソロストーブの方が空気の吸気効率は高そうに見えるので、燃え残りなどは、やはりソロストーブの方が少ないのかもしれませんね。

こうなってくると、実際にPANDAHOMEのウッドストーブを購入した人のレビューが気になりますよね?

という事で、引き続きPANDAHOMEのウッドストーブを購入した人のAmazonのレビューをチェックしていきましょう!

たき火ちゃん

アメリカのブランドだけど中国製なんだね

てんと君

生産コストを抑える意味で、よくある話ね!

Amazonのレビュー状況

PANDAHOMEの2次燃焼ストーブ22cm
※画像⇒出典:Amazon

PANDAHOMEウッドストーブは2024年3月17日現在で75件のグローバル評価がありました。

カスタマーレビューの評点は5点満点中4点でした。その一部を見ていきましょう!

総合評価
( 5 )
メリット
  • 思っていたよりも直径22cmは大きくて良かったです。ゴトクもしっかりとした厚みがあり丈夫そうです。作りもしっかりとしていてお気に入りの二次燃焼ストーブになりそうです。
  • 作りもしっかりしています。二次燃焼ストーブは初めて購入しましたが、もっと早く知っておけばと思うくらいよく燃えて炎もとても綺麗です。とても満足する商品です。
  • 22cmを購入。第一印象はデカい!でした。一般的な薪の3/5程度が収まるくらいのサイズ感です。 何よりも素晴らしいのはロストルが取り外せる事。底にこぼれた灰が容易に清掃できるし、空き缶なんかで底上げすれば炭火グリルとして使えそうです。 バリ、凹み、キズなども一切無く、想像以上の高品質。 お値段から想像した以上の良い買い物でした。
総合評価
( 4 )
メリット
  • ¥3,990でこの大きさと性能はかなりのハイコスパだと思う 耐久性はわからないが、丈夫そうでガンガン使っていくつもりですよ!
  • 早速使用しました。初めてのウッドストーブでしたが、火付きも早くほぼ完全燃焼してくれましたし、初心者には大きさもちょうどいいサイズだと思います。価格が安価なのがいいと思います。コスパ最強、今後耐久性も見ていきたいと思います。
  • 熱量が凄いので 薪がたくさん入りそうです。 本体の焼け具合は 綺麗な感じでとてもいい!
デメリット
  • 他のレビューで拝見させていただいた 受け皿の熱で溶けるビスは 本当に弱いです。自分は溶けたら 受け皿はいらないかな…
  • 一つ欠点なのは 薪 小枝と使う場合 底板の穴がとても小さく 燃えかすが無くなるのが 追いつかなくなり 薪が入らなくなります。 改善点で穴をデカく 自分はしましたが デカくする穴を10箇所くらいに 抑えないと 今度は爆燃えに 程よく穴を大きくしないと 薪の量が半端なくなります。 メーカーさんも 穴のサイズを2パターン 選べる様にしたら 星🌟5に! でも耐久性もありそうで 三年は使えるでしょう。
総合評価
( 3 )
メリット
  • だまされたと思って買ってみたら、思ったより全然よかったのでレビューを書くことにしました。 値段のわりに、なかなかいい商品です。質感は高いですし、よく燃えます。 渾身の自作ストーブは、残念ながら今後出番はなくなると思います。 もともとパンダはあまり好きではありませんでしたが、このPANDAはなんかいい感じです。
デメリット
  • ほかのレビューにもありましたが底受けのブラケットを止めているリベットが溶けました。 あそこだけアルミがNGでしょう・・ネジナットで固定し直しました。 七輪代わりに炭を使ったのがいけなかったのか、ペレットならば溶けなかったのかも。

肯定的レビューを確認すると、良く燃える、コスパが高いというのが多くみられました。

否定的レビューだと、アルミリベットが解けたというのと、14cmのElfだけ、燃え残りというレビューが数件だけありました。

たき火ちゃん

てんと君はこのレビューをみて初めからステンレスボルトに交換してたんだね!

てんと君

使う前に交換しちゃったから溶けてバラバラになるのは体験できなかったけど、アルミリベットだから間違いなくバラバラになるね!

まとめ

PANDAHOMEの2次燃焼ストーブ14cm
出典:Amazon

以上、PANDAHOMEのウッドストーブを徹底解説とソロストーブとのスペック比較をしてみました。

ElfとMiniは、それぞれに特徴とメリット、デメリットがあります。

各モデル共通の最大の弱点であるアルミリベットが溶け出すという問題もあります。

Elfは、コンパクトで軽量な1~2人対応のソロキャンプ向けのモデルです。

Miniは、大きくて重量感のある2~4人対応の大きさのモデルです。

どちらも、自然燃料で燃焼し、二次燃焼によって煙を減らし、効率的に熱を発します。

グリルとしても使用でき、アウトドアの雰囲気を盛り上げます。

アイディアで欠点を回避できれば、コスパが高いウッドストーブだと感じました。

あなたのアウトドアスタイルに合わせて、ElfとMiniのどちらかを選んでみてください。

PANDAHOMEのウッドストーブは、あなたのアウトドアライフを快適で楽しいものにしてくれることでしょう。

ぜひ、PANDAHOMEのウッドストーブをお試しください。

この焚き火台はとにかく軽量でソロ最強の焚火台だと思います。チタンブルーも拝めておすすめです。

キャンプでがっちり焚火調理を楽しみたい方に是非オススメしたい焚火台です。使いやすいですよー!!

2面ガラスで直火調理も出来る薪ストーブです。薪ストーブ初心者の方におすすめです。Amazonでベストセラーにもなってます。

栃木県内で一番古い源泉で1,300年の歴史がある温泉です。那須でキャンプの際、立ち寄ってみて下さい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

▼出身:仙台 ▼拠点:東京⇔那須【2018年9月~デュアルライフ】
▼職 業:ハイらぼ管理人・主婦 
▼相方:てんと君【キャンプ歴約35年】会社員・お小遣いキャンパー
▼キャンプブログ「ハイらぼ」について
 ●月間 PV数:約12万PV(開設後約6か月目の実績)
 ●2023年 9月:「ハイらぼ」開設・記事初投稿
      10月:Xアカウント開設
 ●2024年 2月:ソトシル公式メディア提携
     3月:Xフォロワー2,000人突破

詳しいプロフィールはこちらのリンクでご覧ください。

コメント

コメントする

目次